Swift による iOS 開発入門

ホーム > Swift の基本 > クラスと構造体

クラスと構造体

ここでは Swift のクラス (classes) と構造体 (structs) について説明します。

クラスや構造体の基本的な考え方は、あるモノを表現することです。(これをモデリングするという言い方をします)

例えば、「自動車」をクラスとして考えるなら、「メーカー名 (例: "トヨタ")」「種類 (例: "カローラ")」「色 (例: "白")」 などのモノの属性があり、その動作としては「走る」「止まる」などがあるでしょう。

クラスや構造体は、あるモノの属性や動作を纏め上げるという点では共通しています。属性はプロパティ (properties) で、動作はメソッド (methods) として表します。

ここでは Swift でのクラス、構造体の共通点、相違点などを取り上げつつ、具体的なトピックをみていきましょう。

ホーム > Swift の基本 > クラスと構造体